こだわり Knowhow

HOME > こだわり

藍ギャラリー緗SHOのこだわり

染める

藍の染料は徳島県の阿波藍のみを使い染めています。
自然素材の、綿・麻・絹・ウールの糸と布を染めます。
何度も藍甕に入れ、空気にさらし濃い藍色に染めていきます。
織物に使うため、工房の近くにある植物でも糸染めをしていきます。

むら雲絞り

植物染めの糸を乾かします

藍染絞り布

織る

“織布の服”は、阿波藍と植物で染めた糸で布づくりをします。
織りは、経糸(たていと)の間に緯糸(よこいと)を通して布にしていきますが、経糸を手織機に準備するまでの工程に手間がかかります。
座操り機で糸枠に経糸を巻き、整経(せいけい)、仮筬通し(かりおさとおし)、男巻き(おまき)、綜絖通し(そうこうとおし)、本筬通し(ほんおさとおし)をして、杼(ひ)に緯糸を巻き、いよいよ織りを始めます。

植物染めの色

本筬通し

縫う

阿波藍で染めた布や織布は、その布のもつテクスチャーに合うデザインを決めます。
パターン作成をし、ステッチ、ボタンなど細かな部分を決め、布を裁断し、制作に入ります。

藍染布の裁断

編む

“編む”ための糸は、ウールが中心です。
ウールのふっくら暖かい風合いがハンドニットにピッタリ合います。
藍の深い色と藍と白のコントラストが美しいプルオーバーやカーディガンは、永く愛用していただける1着です。
図案を決め、編図を描いて編んでいきます。

デザイン画・編図

藍の深い色のプルオーバー

ハンドニット編地